フォト
無料ブログはココログ
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月23日 (水)

船の通信

小型船舶関係のサイトやブログ等ではもう紹介されていますが総務省が「海上における船舶のための共通通信システムの在り方及び普及促進に関する検討会」というのを開催するそうです。
ここでは先日起きた漁船とイージス艦の事故を契機に船舶間の通信手段を検討しましょうという事をやるみたいです。
ところが、この通信手段というのは既にあるんですね。国外では国際VHF、国内ではマリンVHFというものです。
では、何故この2つが普及しないのかとなるのですが、まず国際VHFは従事者免許証が必要になります。そして無線機が高価です。マリンVHFについても同じ。しかもこのマリンVHF、国際VHFのうちメインである16chを中心としたいくつかのチャンネルしか使えないというもの。こんなのが10万円を超える値段で売られているわけです。因みに国際VHF無線機ですが、日本のメーカーのもので海外では数万円で売られてますが、同じものが国内では十数万します。
単に免許制から届出制にして、無線機の値段を下げるだけなのにこんな仰々しく検討会なんてするなんて、やっぱり役人のすることはよーわからんです。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »