フォト
無料ブログはココログ
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 肝心な日には雨… | トップページ | 週末は会長杯レースです。 »

2009年10月29日 (木)

護衛艦「くらま」の衝突事故

カテゴリーは「ヨット」にしましたが、ヨットは直接関係ありません。
船舶関係の事なので「ヨット」カテゴリーにしました。

先日、関門海峡で海上自衛隊護衛艦「くらま」と韓国籍コンテナ船の衝突事故が発生しました。
結構ニュースとかでも流れてて知ってる方も多いと思います。

さて、この事故、テレビでは一方的に「くらま」が悪いような感じで報道されているような感じのようです。
ネットニュースに流れてる新聞社のニュースなんかも程度の差こそあれ、だいたい似たような状態ですね。
私は現在テレビをほとんど見ないので、テレビでの報道がどんなかは知りませんでした。

このニュースで分かっていることといえば以下の通り。
・船は右側通行。
・関門海峡は狭くて基本的に追い越し禁止狭いけど追い越しは可能(10/29修正)。
・「くらま」は監視の人員配置は行っていた。
・コンテナ船は前の船を左側から追い越そうとしていた。
・コンテナ船は追い越しの際、海上保安庁から「左側を追い越せ」と指示されたと言っている。
・しかし、海上保安庁はそんな指示は出していないとの事。

因みに関門海峡の航行参考図を見るとここがいかに狭くて追い越しに不適格な場所かがわかります。

こういった事故の場合、責任割合100対0という例はめったにありません。
必ずどちらにも過失責任があります。
しかし、衝突の状況や上の内容からだと、「くらま」にはあまり非が無いように思えます。

「くらま」が左に寄ってたと仮定すると、そもそもコンテナ船の前の船にぶつかっちゃいますよねぇ。
そうではないのなら、「前の船」が小型船舶で避けれたか、そもそも「くらま」は左に寄っておらずコンテナ船が「くらま」の目の前に飛び出してきたかのどちらかでしょうね。でも、それでもコンテナ船の右側というのも変な話ですしねぇ。

前の護衛艦衝突事故の時や政治の話題もそうですが、必ず当事者の一方が100%悪いような報道の仕方はどんなもんなんでしょうねぇ。個人的にはテレビを見なくなった理由の1つの「不必要に意見を押し付けるコメンテーターの存在」があるので、報道番組には事実だけを伝えて欲しいと思ってます。

仕事とマスコミや政治の話はできるだけ避けてきましたが、今回だけはちょっと納得いかな過ぎなのでとうとう書いてしまいました。


にほんブログ村参加中。
良かったらクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

« 肝心な日には雨… | トップページ | 週末は会長杯レースです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208093/46611011

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦「くらま」の衝突事故:

« 肝心な日には雨… | トップページ | 週末は会長杯レースです。 »