フォト
無料ブログはココログ
2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

Androidアプリ作成中

Androidでアプリ作ってます。
もちろん仕事の合間にちょこちょこ勉強しながらなので、たいしたものはまだ作れません。

とりあえずエミュレータ上ではある程度上手くいったのが
「レースの所要時間とTCFの修正時間を計算するアプリ」
です。

先ずはこんな画面が起動します。
Calc01

で、スタート時刻、ゴール時刻、TCFを入力します。
Calc02

「計算」ボタンを押すと、所要時間と修正時間が表示されます。
Calc03

まぁ、まだまだ実用には程遠い気はしますが、実際のレース結果のさんふぃっしゅを見る限り、計算はあっているようです。
夢はこれを実際のレースで使える様複数艇の入力、ボタン一発でのスタート/ゴール時間の取得、順位付けの自動ソートも出来るようにしたいですね。
いつのことになるかはわかりませんが。(^^;;


にほんブログ村参加中。
良かったらクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ


2011年4月18日 (月)

クウォーターバース改造

今週は成会津には行けなかったのですが、よく考えてみたら先週行ったのにブログ書いてないのに気づいたので、今更新。

今回はいよいよ「クウォーターバースで寝れるようにする」ための改造です。
因みに購入時は板があったのですが、隙間があって前後に動いたり汚れてたりしてたので、今回全面的に改造を施してみようかと思った次第です。
で、これがさんふぃっしゅ購入時の状態。板がありますね。でも、これはただおいてあるだけです。
Ca380064

で、今回はきっちり大きさを計りなおしてやろうかなと思ったのですが、所詮日曜大工くらいしかしない腕では手でベニアをまっすぐ切ることすら至難の業であることが判明したため、以前もやったように角材を渡して骨組みを作り、その上に板を置いていく形に変更しました。
この利点は
1.板そのものがたわみにくくなる。(強度を板に求めなくてもよくなる)
2.計測する手間がだいぶ省ける。
というところにあります。

とりあえず一番奥と一番手前の横の長さ、それとクウォーターバースの長さは大体図ってあったので、それに十分足りるよう角材を準備して成会津にGO!
到着したら早速長さの再確認と切断作業です。
途中はこんな感じ
Ca3h0101

結局最終的にはこんな感じになりました。
Ca3h0102
写真左側の斜めになる部分は板を釘で固定し、長さの変わらない箇所の板は自由にはずせるようにします。
これは当然今後も物入れとして活用するため。
というわけで、必要な板のサイズも角材から測ることができたので、今回はひとまず終了。
次は船底掃除か板貼りのどちらかになりますね。
どちらにしても、そろそろシーズン到来という感じです。


にほんブログ村参加中。
良かったらクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2011年4月 1日 (金)

あたったー!

九州ではおなじみ、ブラックモンブランの竹下製菓株式会社
ここは、「トラキチ君」というアイスも出してます。

例によって例のごとく当たりつきなんですが、初めて「特賞」が当たりました。
まぁ特賞と言っても1000円のQUOカードではなく図書カード500円の方なんですが。

証拠写真
Ca3h0099

でもこれって、今年の運は使い果たしちゃった?
いや、まだ残ってると信じたいです。


にほんブログ村参加中。
良かったらクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »